譲渡までの流れ|M&Aを考えているのなら仲介業者へ依頼|スムーズに事業承継が可能

M&Aを考えているのなら仲介業者へ依頼|スムーズに事業承継が可能

譲渡までの流れ

会社

後継者がいない、事業が上手くいっていないとなれば、事業を他の企業に譲渡しようと考えるでしょう。そういった時に利用したほうがいいのは、M&Aの仲介業者になります。この業者に任せれば、今まで行なってきた事業を廃業させずに他の企業にしっかりと引き継げるようにしてくれます。ですが、M&Aの仲介業者を利用するにしてもどういった感じで会社譲渡ができるのかが気になるところでしょう。ですから、これから利用しようとしている企業に向けてM&Aの仲介業者を利用した際の流れを紹介します。

まず、M&Aの仲介業者に相談するところからスタートになります。相談することで、M&Aの仲介業者から必要となる資料の準備をお願いされます。その資料の準備が整えば、再度M&Aの仲介業者のスタッフの元へ向かいます。この段階では、まだ仲介契約を行なっていません。資料を確認しながら、色々と話し合って仲介契約を結ぶことになります。相談料が発生するところもありますが、最近のM&Aの仲介業者はだいたい無料で行なってくれます。そして、話し合った上で仲介契約を結びます。この時に確認することは、報酬システムに関してのことです。事前に確認しておかないとM&Aの仲介業者へ支払うお金が高くなってしまうので注意しましょう。次は、M&A戦略についての打ち合わせです。ここでは、どのようにして行動するのかを決めていきます。そうすることで、買い手候補を見つけやすくなります。候補が見つかるようにできれば、打診と協議を行ないます。それが終われば、基本合意となり買収監査へと移ります。ここまでくれば、後は最終的なM&Aの契約書の締結と実行になります。実行となれば、業務を買い手側に引き継いで完了となります。こういった流れがM&Aを利用した会社譲渡になります。